祖谷渓(徳島県)に架かる吊り橋 かずら橋

剣山系の豊かな山懐に抱かれた徳島県の秘境の地、祖谷。平家の落人たちが隠れ住んだという伝説が残り、その長い歴史と手つかずの自然がつくりだした独特の景色は、旅人たちの心をとらえて止まない。

 

sponserdlink

 祖谷地方(徳島県)のなかでも、最も人気を集める観光スポットは、善徳にある「かずら橋」だろう。「かずら橋」は、徳島県の平野部を横断する吉野川の上流、祖谷川に架かる吊り橋である。

 

Kazurahaashi

 周囲を、1000m近い山々に囲まれた祖谷地方は、白川郷(岐阜県)、椎葉村(宮崎県)と並び、「日本三大秘境」のひとつに数えられてきたエリアだ。太古の昔、恵伊羅御子と小野老婆が集落をひらいたといわれる歴史深い地。「かずら橋」は、貫流する祖谷川の両岸を人々が行き来するために架けられた。明治時代には、祖谷川には、10数本ものかずら橋が架かっていたそうだ。しかし、現在では、善徳にかかるかずら橋一本を残すのみとなり、昭和30年(1955年)、国の重要有形民俗文化財に指定された。

平家の伝説が残る かずら橋(徳島県)

 徳島県の西祖谷村に入り、バスは祖谷渓をおりてゆく。かずら橋バス停から、祖谷川を上流方向に数分歩くと、渓谷のなかに、一本の吊り橋が掛かっているのが見えてくる。それが善徳の「かずら橋」(徳島県)である。あまりに原始的なたたずまい。かずら橋は、標高600m以上の山に自生しているという野生のシロクチカズラが主な原材料だ。シロクチカズラは、熱を加えることで自在に曲がり加工しやすくなる性質を生かし、かずら橋においては、丸太や橋桁を編み上げるのにつかわれている。

 かずら橋(徳島県)は、幅1.5m、長さ45mの吊り橋。橋に足を一歩掛けると、ゆさりと揺れる。とっさにかずらのツルに捕まる。足元に並ぶ丸太を確認しながら、一歩一歩、バランスをとって進んでいく。なかほどまで行くと、丸太の間から祖谷川の川面が真下に見える。水面から橋までの高さは14m。足元が震える。

 
Kazura

かずら橋(徳島県)を渡り終え、ほっと一息つく。言い伝えによれば、かずら橋(徳島県)は、源氏の追手を防ぐために平国盛が考案したものだという。平安時代の末期、平家は力を失っていた。源氏の武者たちが追ってきたら、ただ逃げるしかなかった。いざというときがきたら、カズラのつるで編んだ橋ならば、切って逃げられるだろう。そう考え、かずら橋(徳島県)をつくったそうだ。渡り終えた吊り橋を改めて眺めていると、そんな平家の落人たちの哀愁が心に響いてくる。

 渡り終えた地点から祖谷川を上流に50mほど歩けば、平家ゆかりの滝「琵琶の滝」(徳島県)も登場する。滝の落差は約50m。源平の戦いに敗れた平家の落人は、この滝のそばで琵琶を奏でながら、かつての優美な生活を偲んだと伝えられている。

祖谷の郷土料理 祖谷そば 手打ち体験

祖谷(徳島県)に訪れたら、地元ならではの味覚も味わってみたい。なかでも、祖谷そばは、徳島県 祖谷地方に古来から伝わる伝統の味である。ブツブツと切れる滑らかな食感と、そば本来の豊かな風味は、どこか、なつかしさも感じさせる。

祖谷そばを食べられる店は徳島県内にいくつもあるのだが、かずら橋から、更に祖谷川を遡上した東祖谷若林には、祖谷そばのそば打ちを体験できるスポット「古式そば手打ち体験塾 都築」(徳島県)がある。都築(徳島県)では、祖谷そばを味わえるだけではなく、伝統的手法によるつくりかたと味わい方もひととおり体験することができる。

<><><><><>
Sbauti Nobashi

 祖谷そばの信条は、「挽きたて、打ちたて、湯がきたて」。まずは代々使われてきたという古い石臼で そばの実を挽くことからはじめる。石臼の音は、ゴリゴリと心地よい音を立てながら、ソバの実を少しずつすりつぶしていく。できたそば粉は豊穣な風味がただよう。次はそば粉を水で練って、団子状にまるめる。それを平たくのばして、包丁で切っていく。最後は、茹でる工程だ。「びっくり水」といわれる差し水を時おり行いながら、芯までゆであげていき、ダシや薬味を加えると、祖谷そばの完成だ。

祖谷そばは、芳香な香りとやさしい食感がよいそばだ。まるで、ふるさとのおばあちゃんの家に帰ったような、なつかしく深い味わいもする。そんな祖谷そばの伝承と切り離せないのが、徳島県 祖谷地方に残る民謡の数々だ。徳島県 祖谷地方に住む人々は、厳しい自然環境のなか、民謡を口ずさみながら、そばづくりに励んできたのだという。石臼を回す行程においては、「粉ひき節」が活躍する。この民謡の歌詞には、善徳の「かずら橋」(徳島県)も登場する。

<><><><><>

Soba_hiki_2

Soba_2

祖谷のかずら橋ゃ 蜘蛛の巣の如く
風も吹かんのに ゆらゆらと
吹かんのに 吹かんのに 風も
風も吹かんのに ゆらゆらと
祖谷のかずら橋ゃ ゆらゆらゆれど
主と手を引きゃ こわくない
手を引きゃ 手を引きゃ 主と
主と 手を引きゃ こわくない

「徳島県 民謡(徳島民謡)祖谷の粉ひき唄」より

 剣山の山々に囲まれ、秘境ならではの独自の文化や景観と出あえる、徳島県 祖谷。
古きよき時代の人々のくらしや、平家の落人たちの哀愁に思いを
馳せながら、ゆったりと心が休めることができる地である。

(文と写真)井上晴雄

DATA


大きな地図で見る
かずら橋
TEL0883-72-7620 (徳島県 三好市観光課)
徳島県 三好市西祖谷山村善徳162-2
'時間 日出~日没
定休日 無休
渡橋料 大人:500円小人:400円
交通 井川池田IC→国道32号(高知方面)→県道45号→県道32号(車で約1時間)
JR大歩危駅(徳島県)より四国交通バス(かずら橋又は久保行き)かずら橋バス停下車、徒歩5分


大きな地図で見る
都築
0883-88-5625
徳島県三好市東祖谷若林84-1
国道32号線で三好市旧池田町から約1時間
費用 一名2500円~(お土産付)体験時間2時間(要予約)
8~18時
休み 年末年始

sponserdlink

sponserdlink

徳島県  特集

祖谷の地酒 そば焼酎

無料ブログはココログ

プロフィール

  • (プロフィール) 井上晴雄:昭和52年生まれ ライター、画家として活動している。大阪府在住 旅行作家の会会員

    井上晴雄

    バナーを作成